toggle

わたしの志

まっすぐに、誠実に。

区議会に送り出して頂き、間もなく4年。

振り返ると本当にあっという間で、無我夢中で前に進んできた、そんな実感があります。

1期の新人議員ではありますが、この4年間、誰よりもひたむきに「政策の実現」に邁進してまいりました。

私は二世議員でもなく、政治家の秘書をしていた経験もありません。

「素人に何が出来るんだ。」

この世界では、そんな風に思われることもありました。

決して順風満帆な4年間ではありませんでしたが、逆に「政治未経験」を武器として、民間の経営感覚を大切に、古い慣習に挑んでまいりました。

「政治」というと、どこか敬遠しがち、自分にはあまり関係がない。

そのように思われる方も多いと思います。

しかしながら、政治は決して遠いものではありません。

特に区政は皆さまの生活そのものです。

子育てのこと、教育のこと、病院のこと、介護のこと、公園のこと、交通環境のこと、など。

皆さまが、日々の暮らしの中で感じる思い、生活の中での課題を、政策の実現を通して解決する。

今日よりももっと良い明日を用意する。

それが区議会議員の役割であると思います。

だからこそ、サラリーマン出身として一般の区民感覚を大切に、「いつまでも大根一本の値段が分かる」そんな議員でありたいと、感じています。

謙虚におごらず、
真摯にひたむきに、
まっすぐに誠実に。

そんな姿を理想とし、これからも、政策実現に邁進してまいります。